スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの面々、いつもの場所で

久しぶりの更新となりました。

どうも、YFです

気づけば4ヶ月も放置してしまいましたね。
反省反省。

前回の最後に次回も馬来西亜の写真を~とか書きましたが、
馬来西亜の話は古くなりすぎてネタが冷め切っているので、
またいつか思い出話をするときにでも使いましょうかね。

さて、

気楽で楽しかった学生生活も今年の3月に終わりを告げ、
4月から社会人として新たなスタートを切りました。

そんなこんなでゴタついた毎日が続いたためになかなかブログを書く時間が作れませんでしたが、
ようやく生活も落ち着き、仕事もなんとかこなしております。

これからは社会人として今まで以上に考え、悩み、常に幾多の道を選択していく日々になるかと思います。

この拙いブログも主観だけではなく、
客観的な見方の記事を書いていけるよう精進していく所存です。

今後とも宜しくお願い致します。

そんなわけで、現在一人暮らしをしているわけでありますが、
年金・光熱費・食費等々の出費に苦しめられつつ、
財布の紐を握り締めながら毎日を過ごしております。

まぁ近況はこれくらいにして、どうしても書き残しておきたかったことをやっつけちゃいましょうか。

冒頭で馬来西亜のことを冷め切ったネタと書きましたが、
それよりも一ヶ月ほど新しい
これまた冷め切ったネタを引っ張り出して私の学生生活に区切りをつけておこうかな。

2月の卒業研究旅行と卒業研究報告会が終わり、
あとは各種行事と卒業式を待つだけとなった私は学生としての最後の旅行ということで、
2泊3日のスキー旅行にクラスの仲間と行きたいと考えていました。

当初は、行き先は北海道だとか二日目は一日中飲み会だとか、
数多の妄想が仲間内で飛び交いとても楽しい旅行になる。

はずでした。

卒業を控えた私たちの3月の予定は多忙を極め、

妄想していた北海道という夢物語は、
予算や無駄に多い私の学校の行事やらなにやらで至極当然の如くおじゃんになり。

次に挙がったのが赤倉二泊三日の旅。

多人数の予定を合わせるというのは実に難しいことです。

3月の多忙さ故に赤倉の旅も棄却され、
私の最低目標であったどこかで最低一泊はして夜はどんちゃん騒ぎという、
あくまで体たらくな学生くさい旅はいよいよ現実味を無くすこととなりました。

そして待っていたのが日帰りでの「ガーラ湯沢の旅」

まさに私の最も避けたかった強行プランでした。

しかしガーラを蹴れば友人とのスキー旅行自体が幻と消えるという究極の選択を迫られた挙句。

結果

「参加者3名、日帰りバスツアー、ガーラ湯沢」

このプラン。ガーラは私を裏切らない。

いつもと変わらずwww

というか、今までで一番人が少ない...w

当日は早朝新宿に集合し出発。

あいかわらずバスは退屈で、
アホみたいな会話しかできない学生達の中で(俺もギリギリ学生だったけど)
飛行機、或いは新幹線に乗って優雅に寛ぐ自分を想像していました。

でもまぁ、結局は雪の上を板で滑れればそれで満足。なんだよね。

実際、新潟でしかも春スキーってことで、
雪質に難アリと考えていたけれども、

かなり快適に滑れました。3月になっても寒かったですからね。

結果的にはバス移動以外大満足な日帰り小旅行となったわけであります。

DSCF6073_convert_20120621213935.jpg

スキーの板をがんばって持ち上げているのが私。

スキーの板に挟まれた前のリフトに座る2人は、

強行プランにもかかわらず快く付きあってくれた友人。

学生生活の最後に楽しい思い出が出来ました。

ふたりとも、ありがとう!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。