スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人という偽善者、子どもという正直者

忘れた頃にやってくる。

YFです。

画像を扱うのが面倒なので、ワールドワイドなネタはもう少し先ということで。



さてさて、昔話を少々。

私は小さい頃、「大人」になるのが嫌だった。大人になんてなりたくなかった。

厨二病の末期患者だったとか、永遠の16歳だったとか、17歳教に入信していたとかではない。

私が「子ども」だったころに接した「大人」は、常に高圧的で権威主義的だった。

それに、そもそもなにをもって「子ども」と「大人」を区別するのか解らないでいた。

物心ついた頃には既に確立されていた上下関係に辟易としていたわけである。

ただ、このささやかな反骨心は「子ども」の立場から主観的に感じたものであり、論理的なものではない。

今となっては、本能のままに行動できないことに対するフラストレーションを、

「大人」に対する批判という形で明確にし、正当化しようとしていたように思う。

でもそれは単なる憎悪ではなく、「子ども」だった自分なりに双方の関係性ないし、

自らのおかれている状況を理解しようと努力した結果だったと思う。

当時の私は年功序列という概念も理解はせずとも知ってはいた。

実際、今ではどちらかといえば行動に伴う体験の蓄積が人間の形成の基盤になっていると思う。

その点、生を受けている時間の長い「大人」ほど、物事の真理に近いと言える。

しかし、文化や価値観が多様化している現代社会では、

従来の年齢差を基準としたヒエラルキーの構築は再検討する余地があるように思う。

さて、何が書きたいのかわからなくなってきたので暫し休憩......











































なぜ今更こんな昔話をするのかというと、自分の置かれている大人社会が実に子どもっぽいからである。

いじめ、ねたみ、不干渉。

負の要素をどれだけ溜め込んだらこんな腐った人間関係が形成されるのかわからないほどに淀んでいる。

しかも、長年培ってきた知識や経験に基づいたそれら諸行為は、嫌な意味で洗練されている。

これが私が嫌悪した「大人」の実態であるなら、私はやはり「大人」になんてなりたくはない。

「子ども」のように、本能と感情のおもむくままに、ありのままに生きていたいと思う。

しかし、これにも少々問題がある。

人間とは然るべく理性的でなければならない。

人間と禽獣を隔てる決定的な要素として、

その行動原理が理性的か本能的かで判別することができるとなにかの本で読んだことがある。

つまり、自分の感情や欲求を抑制できない「子ども」は人間というよりかは、獣に近いということである。

獣になってしまっては議論の余地がない。

ただし、「子ども」の本能や感情的な行動は実に潔い。

なによりも自らの意思決定により、忠実に行動している点においては、

「大人」の淀んだ社会性に飲まれた行動規範よりも幾分痛快である。


結局のところ、「大人」や「子ども」などどうでもいいのかもしれない。

一人の人間としての思いを大切にしたい。

自らの五感で感じ得た情報を信じ、あらゆる事象に疑問を抱く。

本能に基づき、理性というフィルターを通した上で感情を上乗せした率直な考えを持っていたいと思う。

ざっくりまとめれば、そういう人間でありたいと思う。

スポンサーサイト

今夏の総括的な何か

私がブログを更新するときは、基本的に物凄く暇なときに限ります。

意外と時間、かかるんですよね。

指と頭の体操ぐらいにはなっているでしょうか。。

さてさて、今年の夏もいろいろとありました。

しょっぱなから海外旅行に始まり、おそらく最後であろう水軍レース。

家の庭は度重なるBBQの影響で芝生が一部死亡。

夏祭りで石窯ピザを50枚焼くから手伝えと言われて、腕の毛がチリチリに焼けたり。

その影響で、「腕にゼンマイ生えてるよww」と言われて不覚にも共感してしまったり。

夏場の草刈は大量のウルシパウダーを全身で受けてめちゃ痒いし。

クワガタ探しに林に入ったら超弩級の毛虫に遭遇して発狂したり。

イノシシにうちの自慢のなんちゃって枯山水がメチャメチャにされていたり。

台風11号のせいで、部屋の中央に念願の滝が出来上がりました(雨の日限定ですが)。



その中でももっとも印象深いのは

やはり7月始めのフィンランド-クロアチア旅行でしょうか。

ヘルシンキ空港に着いて、いざパスポートコントロールへ。

前回は相手がだんまりだったので簡単に通過できましたが、

今回のいかつい男性審査官は話す話す。

「滞在はフィンランドだけか?」と聞かれたので、クロアチアにも行きますと正直に話したところ。

これがいらないカミングアウトだったようで。

日程やら航空券の有無やら興味津々のご様子。

ゆとり世代の自分はそこらへんの手配を親に任せていたので、クロアチアへ向かう航空券を持っておりません。

他に行き先があると伝えた場合、そちらの航空券も見せる必要があるんですね。

「持っていない」と伝えると、「じゃーどうすんだよ。チケット買う金あんのか?」とのこと。

まごついているとショウミーザマニーの連呼。

親が持っていると眼で訴えても金を出せの一点張り。

北欧の恐喝文句はショウミーザマニーの一点張りかコンチクショウめってんだ。

なけなしの1万5千円を差し出すと、かざすかざすw

おもわず「偽札じゃねぇよ...w」と日本語でつぶやいてしまったほど。

暫くの間チケット論争が続き、相手にこちらの英語力が小学生レベルだとバレたのか、

事態が急変。

事務所に強制連行されて、まず読めと言われた注意事項みたいなものがそもそも読めずわからないw

もうどうもこうもいかなくなったところで、親の電話番号を伝えることに成功。

最初に先鋒、親父が出て轟沈。

すまん親父...私がすべて悪い...

早々に大将の母親が登場して難なく解決してくれました。

そして釈放。

あぁ...お空がこんなに青いなんて知らなかったな。

後々母親から聞いた話では、向こうさんは「こいつは150円しか持っていない」と言ってきたようで。

間違いなく15000と印字されていたはずなんだけど...

アラビア数字やローマ数字があることがいい例というか、

数字表記は万国共通だと信じて疑わなかった自分が浅はかでした。

そんなこんなで始まった旅行。

行ったところをざっと写真を添えて紹介フィンランド編

ヘルシンキ
DSCF8789.jpg

市内の一角。どこを写しても絵になります。

・ヌークシオ国立公園
DSCF8915.jpg

タンニン色素の溶け出した湖と森が美しく、フィンランドらしい景観が広がる。

・ハーメリンナ城
DSCF8977.jpg

いかにも堅牢な城。隣には軍事博物館もあって重量感がハンパじゃない。

・ラーゼボリの要塞
DSCF8846.jpg

岩の上に建造されている要塞。当時は水に囲まれた水上要塞だったとか。

ちなみに、フィンランドはロシアやスウェーデンに占領されていた影響で、

軍事要塞にさまざまな名称が用いられています。

例えば、フィンランドが建造したものは~リンナ

スウェーデンが建造したものは~ボリ

と明確な違いがあるとのこと。

・ポルヴォー
DSCF8811.jpg

こじんまりとしていて落ち着きのある町並みが特徴。歴史の感じられる家の作りが見所。

・スオメンリンナの要塞(世界遺産)
DSCF9026.jpg

スウェーデンが建造し、ロシアに占領された過去をもつ歴史のある海防要塞

ここには団地があり、スオメンリンナに住むことはフィンランド人の一種のステイタスと言われているとか。

確かに、世界遺産、しかも海防要塞に住めるなんて格好いいですね。

※ピザ屋はイマイチなので要注意。

・タンペレ ムーミン谷博物館
DSCF8998.jpg

博物館の中は撮影禁止。残念・・・

正直ムーミンに関してはまったく知識がなかったんですが、

展示されているイラストの放つ独特な世界観が印象的。

博物館はワンフロアーのかなりこじんまりとした展示スペースでした。

休憩スペースのメモ帳には日本語だらけ。日本人に大人気なんですね。

・フィスカルスビレッジ
DSCF8880.jpg

ここではフィンランドの製鉄業の歴史が今も息づいています。

オレンジ色の裁縫バサミが超有名らしいんですけど、そういえば子どもの頃に家で見たことあったっけ。

DSCF8883_201409141754561ea.jpg

ウサギが可愛いので是非会いにいってほしい。

・ラップランド地方・ロヴァニエミ サンタ村
DSCF9171.jpg

公認のサンタがいるところ。クリスマスになると居なくなるとか・・・。

ここでは夏、写真のような白夜が見られます。

ということで、撮影した時間は午前0時頃。

サンタ村は真夏でもクリスマス一色。

DSCF9181_20140914180117872.jpg

クリスマスカードのポストなんかがあって子どもには楽しいところ。無垢な子どもなら・・・w

ちゃっかり国境を越えてスウェーデンにも行ってきました。

DSCF9128.jpg

国旗と見紛う看板!IKEA!

・路面電車KOFF
DSCF8933(2).jpg

電車パブ。ヘルシンキ市内を巡りながら飲むコフビールがなんともいえない。

他にも、「フィンランディア」の作曲者ジャン・シベリウスの住まいや、

自然史博物館や北極博物館などは展示物がダイナミックでどこも面白いです。

というわけでフィンランド編終了。

ではでは、クロアチア編は気が向いたらアップします。

力を蓄えていたんです

気付いたら一年以上も放置...気付いていたけど。

なんとまぁ相も変わらずツイッターさんに完全に首ったけなわけです。

伝えたいことって、案外突き詰めると140文字もあれば十分なんだなと。

それでも、文字を書いていると頭がスッキリする私としては、ダラダラと書き綴るのも好きなんですけどねw

それと、今更ながら三度確認。

このブログは当初、
私が寝る間も惜しんで勤しんでいたMMORPG「REDSTONE」のプレイ日記的な位置付けだったわけですが、
(最初から備忘録でしたがw)

現在肝心のRSのほうが半隠居状態であります。

そんなこんなで、タイトルがYFの~というのもなんだか分かりにくいなーとかも思ったんですけど、

まぁこのままでいくことにします。

ちなみに私のイニシャルは「YN」だったりします。

FSSもGTM化で若干冷め気味。RSは半隠居。アニメは最近良作なしと、ブログのサブタイトル完全無視ですが、

適当に、日常の出来事をこれからも独断と偏見で書き残してまいりたいと思います。

いやーしかし文章書くって楽しいね。

もう少し文章能力、とくに感情表現その他描写がうまかったら小説書きたいけど。

まとまりのある文章を書くのが苦手。

地の文がなんてったって難敵。

いつの日か挑戦します。

ではでは。

徒然備忘録

ご無沙汰様です。

twitterにかまけているせいで更新がまったくできていないYFです。

最近はといいますと。

寝る間を惜しみ勤しんでいたRSは、
鏡や抽出による貼り付け&複製に伴う良装備の大量生産についていけません。

おまけに霊術の台頭によって武道のスキルによる耐久値がゼロになり、
私の装備ではGvでお荷物です...

シーフの無防御高火力、武道の貧火力高防御力を使い分ける
諸刃の剣的な意味で魅力に満ち溢れていたシフ武ですが、
小型UMで赤ダメフィーバーしていた頃は遥か昔となりました。

あの頃は楽しくてしょうがなかった!

生と死の狭間で生きている感じがたまらなかったんですけどね。
まぁRSは気長に見届けることにして、武道の耐久値が戻るようなら本格復帰も考えるとします。

20130630163921.jpg
↑GHで暇人YF君↑

気分転換に、モリ6秘密適正あたりで転生しようかね。

それと、何気にサービスポイントはコツコツ貯めております。

SP.jpg

一月に平均100P貯まるので、5年ぐらい貯めてるかな?
何に使おうかね。

話変わって、
BF3は戦車をある程度使い慣らしたので、戦闘機とヘリに乗り始めました。

最初は飛ぶのがやっとだったものの、やれば慣れてくるもの。
乗らず嫌いだったのが勿体無いほどの戦果をあげてくれております。

それにしても、戦車はロシア側のT-90がレティクル事情的に使いやすいんですけども、

航空機は米側のほうが使いやすいんですよね。

特にハボックのモッサリ感とバイパーの軽さの差はなんなんでしょうか。悪意を感じるレベルw

それと、中距離での戦績が思わしくないので、サイトをPK-A(3.4)に変えました。突撃兵は相変わらずホロですが。

PKA(34).jpg
PK-A(3.4)

ホロやコブラでは厳しい距離がこれで少しはまともになる...かな。

私は腰撃ちが苦手なので間合いを気にしつつ、基本射撃はサイトを通した精密射撃のみです。
ですから出会い頭は6割がた撃ち負けますw

腰撃ち練習しないとね...

SFCのS端子も手に入れたので、暫く遊べそうです。

しかし身体動かしてないなぁ。。

梅雨が明けたら海でビルドアップでもしようかな!

主観という客観性

立春となり急に暖かくなりましたなー

この調子で夏まっしぐら。YFです。

今回も少し疑問に思うことを一つ。

物事を論ずるとき、主観的と客観的という言葉はかならず脳裏をよぎります。

これは、客観的に存在する「物」をじぶんの「意識」が認識する過程で生まれるもので。

私はこれを主客二元論だと理解しています。※解釈が違ったらどうしようかね。

ただ、私の生きる社会はその性質上、あらゆる事象が客観的なもので成り立っています。

社会規範や普遍的な教育は、まさにその象徴とも捉えることが出来ます。

お互いに干渉しあい、互いの意識が中和することで関係が成り立っているのだとしたら、

私たちの主観というものが存在するのか怪しいものです。

| NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。